糖尿病の症状を改善する┃野菜中心の生活をする

ガンを撃退する第4の治療

医師

免疫療法は見放されたガン患者にも治療効果があるので人気があります。終末期の患者でも延命効果や痛みの軽減効果があります。当初は治療効果が医学的に実証されなかったので、病院では行われなかったのです。その後の研究で免疫療法は進化し、今では特定のガン細胞を撃退する樹状細胞ワクチン療法が開発されています。

もっと見る

免疫力を強化する

手

樹状細胞療法とは、免疫細胞の一種である樹状細胞を増殖させてガン細胞を攻撃しやすくさせるガン治療の一種です。副作用が少なく生活の質が保てるというメリットがあります。自己ガン細胞を用いる方法、人工抗原を用いる方法、直接ガン組織に注射する方法があります。

もっと見る

日本人に多い肺の病気

女性患者

肺がんは、日本人の間で増加傾向にあるがんです。主に喫煙が原因で、肺の中の遺伝子を傷つける事で生じる病気です。初期症状としては、息切れ、体重減少、痰などがあります。早期に治療すれば治るので、こまめに検診を受けると良いです。

もっと見る

生活習慣が原因となる病気

医師と患者

糖尿病は知らないうちに進行している事が多く、気付いた時には医療機関を受診する必要があります。早期発見と早期対処が必要な病気なので、放置せず担当医の指導のもとで治療を受けます。糖尿病は5人に1人が患者か予備軍と言われており、いまや深刻な国民病となっています。インスリンの作用が弱まりブドウ糖を取り込めなくなる事で、血中のブドウ糖濃度が高くなり糖尿病となります。高い状態の血糖値が続くと、神経障害や動脈硬化を引き起こす要因となり、深刻な合併症を生む事があります。これらの症状を改善するためには生活習慣を見直す必要があり、取り組む事で効果を実感できます。身近で行えるのが食事管理であり、野菜中心の食事に変えるだけで効果があります。

糖尿病には様々な症状がありますが、健康診断で初めて実感する人も多く、分かりにくい面もあります。病状のサインを見逃さないためにも、常日頃から暴飲暴食やストレス過多に気をつける必要があります。内科が行っている糖尿病治療は、症状によって内容は異なりますが服薬とインスリン注射、人工透析があります。糖尿病予備軍であれば食事管理を覚えるための入院も行っているので、分かりやすく丁寧な説明が受けられます。服薬は症状の進行具合によって処方される薬は違いますが、快方に向かえば薬の内容も変わります。症状が進行すると服薬では追いつかないためインスリン注射になりますが、毎日打つ事になります。それでも改善しない場合は人工透析になりますが、透析のために定期的な通院が必要となります。

Copyright © 2016 糖尿病の症状を改善する┃野菜中心の生活をする All Rights Reserved.