糖尿病の症状を改善する┃野菜中心の生活をする

ガンを撃退する第4の治療

医師

免疫機能を高める効果

免疫療法がガン患者に人気があるのは、治療から見放された患者でも治療効果を得られる場合があるからです。ガン細胞は手術で切除しても再発したり、他の臓器に転移したりします。それを防ぐために手術後には抗ガン剤治療や放射線治療を行うのですが、副作用が強いので患者自身の体力が失われてしまうというデメリットがあったのです。ところが免疫療法は人間に生まれつき備わっている免疫機能を高める効果があり、これによって副作用を抑えることができるのです。そのためガン治療の第4の治療法として注目されるようになったのです。終末期を迎えた患者でも免疫療法によって延命効果が得られたり、痛みが軽減するなどの効果が認められています。

進化している免疫の治療法

初期の免疫療法はガン治療の効果が医学的に実証されなかったので、ガン治療として正式には採用されなかったのです。その後、色々な研究によって免疫療法がガン治療に効果があることがわかり、今では多くの病院で第4の治療法として採用されています。今では特定のガン細胞を狙って撃退することができるほど、免疫療法が進化しています。免疫というのは体内の異物を排除する働きをするのですが、ガン細胞を異物として認識できるような研究が進んでいるのです。そのため特定のガン細胞を狙って攻撃できるようになり、治療効果が格段に上がっているのです。最新の免疫療法で最も注目されているのが樹状細胞ワクチン療法で、より効率的なガン治療ができると期待されています。

Copyright © 2016 糖尿病の症状を改善する┃野菜中心の生活をする All Rights Reserved.