糖尿病の症状を改善する┃野菜中心の生活をする

免疫力を強化する

手

樹状細胞療法とは、ガンに対する免疫療法の一種です。樹状細胞とは、免疫細胞の一種で、体内に入ってきた異物の特徴を攻撃役の細胞に伝える働きがあります。樹状細胞療法では、樹状細胞を増殖させて攻撃役の細胞がより効果的にガン細胞を攻撃できるようにするという治療法です。自らの免疫細胞を使うので、副作用が少ないというメリットが人気の理由です。抗ガン剤治療や放射線治療は確かに高い効果がありますが、その分大きな副作用があります。場合によっては治療効果よりも副作用の方が勝ってしまうこともあります。樹状細胞療法などの免疫療法ならば、副作用の心配はないので確実にガン細胞のみを攻撃できます。そのため生活の質が高く保てるというメリットがあります。

樹状細胞療法には大きく分けて三種類の方法があります。一つ目が自己ガン細胞による樹状細胞療法です。これは、自分のガン細胞で樹状細胞に目印を与える方法です。自分のガン細胞を使うため効果が高いですが、ガン組織を一センチ角以上切除できることが条件となります。二つ目が人工抗原樹状細胞療法です。これは、自分のガン組織が切除できないときに用います。人工の抗原で目印を与える方法で、自己ガン細胞を使う方法よりは効果が落ちますが誰でもできるというメリットがあります。三つ目が局所樹状細胞療法です。これは乳ガンや喉頭ガン、胃ガンなど直接ガンに注射できる場合に適用できる方法です。直接ガン組織に樹状細胞を注射するため高い効果が得られます。

Copyright © 2016 糖尿病の症状を改善する┃野菜中心の生活をする All Rights Reserved.